M2-LITEcreationについて


照明の役割

照明の役割について、皆様はどう思われますか?

アーティストのライブやコンサートを盛り上げるために、照明は欠かせません。機材を操って光を照らし、アーティスト(出演者)や音楽を引き立たせます。特に近年は照明機材の性能や技術が進化しているため、曲に合わせて色を変えるだけでなく、照明を主役にした演出などもよく行われます。どう表現するかで与える印象や感動も変わるため、裏方でありながら表現者としての側面も持ち、とてもやりがいのある仕事です。


演出照明

一般的な照明による演出はもちろんですが、イメージ動画をスクリーンなどに投影し、照明と同期させオペレート致します。

音響との同期演出も可能です。



特殊効果

<スパーク演出>

チタン合金粉末を本体内で電磁波を用いて加熱し、空中に放出することで、火薬ではない噴き出し花火を演出します。

熱くない花火は人気の演出です。


<スモーク演出>

出演者の前に噴射して隠したり、後ろから照明を当てシルエットに見せることが出来ます。

また、一気に噴射して白煙が出るのを見せることも出来ます。



バーチャル演出

近年のハード、ソフトウェア、ネットワークの進化により、

バーチャルの世界では現実に近いリアルな表現が可能になり、ゲーム以外でも建築設計や撮影、イベントでも使用され始めました。  VRイベントではアバターを作成しキャプチャー操作、もしくは撮影映像をバーチャル環境に投影できます。

演出では実際に使用している機材をモデリングしてバーチャルの世界へ設置し、リアルタイムに動かしてオペレートも可能です。今後、VRゴーグルを使ってのライブ配信など幅広い演出が出来るよう技術を追求しております。



本番までの流れ

弊社では、最高のステージと感動を届けられるよう、打合せから本番終了までしっかりとサポート致します。

打ち合わせでは曲のイメージ、歌詞、演出の意図、演者の心情、全体の流れ、想いなどをお聞きし、プランニングを行います。リハーサルでは本番さながらの演出で、実際の見え方などの確認をし、修正・微調整を行います。本番では最高のパフォーマンスが出来るよう安心のオペレーションでステージをサポート致します。

 <STEP1>

打ち合わせ

 <STEP2>

プランニング

 <STEP3>

リハーサル

 <STEP4>

本番